ビットコインの入手方法は3種類

ビットコインを入手するにはいくつか方法があるのですが、大きく分けると次の3つの方法があります。

1.購入
2.採掘(マイニング)
3.他人からもらう


1.購入

ビットコインを購入したい場合、ビットコインの取引所で購入することが可能です。2014年に破綻してしまったマウントゴックスも取引所の1つです。

その後、多くの取引所が開設されていますが、信頼性やセキュリティが高く日本語に対応していることなどを基準に選ぶと良いでしょう。

日本国内では、ビットフライヤーが資本金3億3015万円と国内最大規模になっています。この会社は、元ゴールドマンサックスの加納裕三氏が代表取締役を務めており、ブルームバーグでも記事で紹介されました。

関連記事:ビットフライヤー(bitFlyer)購入・販売所

2.採掘(マイニング)

採掘(マイニング)は、よく金の採掘作業に例えられますが、簡単に言うと「無料で配布されている『発掘プログラム』をコンピュータにインストールして実行させる」ことでコンピュータパワーを提供、それに見合ったビットコインが送られる、というものです。

3.他人からもらう

bitaddressビットコインは個人間でも取引できるほか、サービスの対価として受け取ることが可能です。

具体的には、ビットコイン取引所に会員登録した際与えられるビットコインアドレス(例:1DtxGSzSKQUsUMtokVcT6qthRLbb11SfJf)を指定してあげれば、メールを送るような要領でビットコインを送ることができます。